罰金を支払わないとどうなるか

普通車や二輪車を利用している方であればさまざまなところで気にすると思いますが、「駐車違反」はちょっと気を抜いてしまった際に取られてしまう事は少なくありません。駐車違反には「道路交通法違反」と「車庫法違反」というものがありますが、どちらにしても罰金や罰点の可能性は十分にあります。

 

良くある事として、ちょっと気を抜いてしまった為に駐車違反を取られてしまった際に「払わなくても良いのでは」といった事を考える事もあるでしょうが、払わなくていいという事は一切ありません。駐車違反による罰金を支払わないと自宅に納付書が送られてくる事があります。そういったことも放置していると警察に直接呼び出される事もあり、結果的には半強制的に支払いを強要される事があるでしょう。

 

当然、強制的にといっても責任は駐車違反をして支払いを遅延した自分にある為に抵抗は許される事ではありません。場合によっては通帳からなど差し押さえの可能性も十分にあります。確かに、駐車違反による罰金でいきなり数万円が必要になると誰でも困るのは当たり前のことですが、車や二輪車を利用している以上交通ルールはしっかり守る事が必要になりますので、日頃の自動車の管理には気をつける様にしましょう。